ゴルフ パッティング 基本

ゴルフのパッティングの基本とコツを覚えて100切り達成!

ゴルフのパッティングの基本とコツを覚えることでスコアが劇的に縮まっていきます。

 

100を切るためにパッティングは重要!

 

 

スコアメイクの鍵を握ってるともいえますね。

 

初心者ほどショットのことばかり考えてしまい、パターのことを軽くみてしまいがちです。

 

ですが、

 

200ヤードのロングショット

 

 

10センチのパッティング

 

も、

 

同じ1打です!

 

プロでもパットの1打に泣く選手は多いです。

 

「パット・イズ・マネー」なんですね。

 

 

18ホールを全てパーで回ると72打です。

 

その内の半分である36打がパットです。

 

それだけの重要なウエートをしめています。

 

36打というのは、すべて2パットの計算です。

 

3パット以上すると、せっかくパーオンしても全部ムダに終わります。

 

私も昔は5、6パットしたこともあります(汗)

 

なかなか100の壁を切れないのは、実はパッティングのミスによるものです。

 

2、3ホール以上は3パットをしない!

 

 

そう心がけて、パッティングを磨いていけば案外簡単に100を切ることができるでしょう。

 

このカテゴリーではパッティングについて詳しく記事を書いてるので、以下からお読み下さい。

ゴルフのパッティングの基本とコツをまとめました!記事一覧

パッティングでは、ストローク中にフェースの向きが変わらないグリップを作ることが重要です。コツは両手の...

パッティング動画を厳選して集めました。数多くあるYouTubeのパッティング動画の中から、パターの基...

パッティングで大事なことはストロークをいかにブレずに行なうことができるかです。パターはどうしても手打...

パッティングの距離感をつかむ練習方法をお教えします。パターのコツは、左右均等の振り幅です。パッティン...

ゴルフでは、パッティングのラインの読み方がスコアを左右します。それぐらいパットは重要です!まず覚えて...

ゴルフでスコアをアップするために一番簡単な方法。それが、パッティングです!この記事では、そのパッティ...